北海道北見北斗高校全日制

 
COUNTER123758
 SSHの指定も2年目になりました。
 昨年度、GSⅠで力をつけた2年生は、理系選択者のみですが「GSⅡ」で更なる高みを目指します (^^)v
 今年度、入学した1年生は、先輩のGSⅠの反省を生かした「新GSⅠ」で先輩を超える力をつけることでしょう (^^)/
 応援をよろしくお願いします <(_ _)>


 ※「GSⅠ」「GSⅡ」とは本校で行うSSHの活動の略称で、1年生が「グローカルサイエンスⅠ」、2年生(理系)が
  「グローカルサイエンスⅡ」です。「グローカル」の語源については「校長挨拶・つぶやき」のページでご確認ください。
 ※1年生・2年生の活動がそれぞれ違うこともあり、掲示板は別々になっています。ご注意ください!
 ※昨年度のGSⅠの活動もその下に掲示しておりますので、是非ご覧ください。
 

課外活動

活動報告
123
2018/12/12new

グローバル語り部/アジア国際子ども映画祭

| by 全日制管理者
○グローバル語り部が開催されました。

 2018年12月4日(火)16:30から、本校において「グローバル語り部」が開催されました。
 北見工業大学 特任講師 久保比呂美先生をはじめ、工業大学への海外留学生のみなさん、留学から帰国した安田翔さんから、留学についての体験談をお話していただきました。
 参加した生徒からは「一歩踏み出すことが大切だと感じた。」「もっと、フリートークをしたかった。」「大学に入ったら留学したい。」「語学も大切だけど、文化を理解することも大切なことが分かった。」「留学のリアルが聞けてよかった。」など、留学に対して、ますます意欲が高まった様子でした。

 

 



○アジア国際子ども映画祭2018 学校交流が本校にて行われました。

 2018年11月22日(木)13:20から、本校にてアジア国際映画祭本選参加高校生17名(ベトナム9名、チャイニーズタイペイ8名)が来校し、本校のSSHアクションチーム18名と交流しました。
 最初は、誕生日順に並ぶアイスブレイクを行いました。英語が通じなかったり、通じたとしても発音が自分たちの知っている発音と微妙にちがったりする中で、互いに通じ合う難しさを感じながら、楽しくスタートしました。
 そのような中、訪日団の皆さんとペアになり校内を案内したり、書道体験のサポートをしたりすることを通して、お互いに言葉の壁を越え交流を深め、最後にはお互い抱き合いながら別れを惜しむ姿もありました。
 今回、アジアの高校生との交流を通して、多くの生徒が「グローバル=英語」ではなく、もっともっと広い視野で世界を見ていくことの大切さに気付く機会となったようでした。

  

 

 

12:42 | 投票する | 投票数(0)
123

SSH研究開発

【研究開発実施報告書】
 
 第1年次(平成29年度)<全65ページ>
  ・p1~p52 のpdfはこちら
  ・p53~p65 のpdfはこちら

【ガイドライン】
  ・研究倫理ガイドライン
  ・研究活動における個人情報保護ガイドライン
  ・動物実験ガイドライン
  ・研究活動における人を対象にした実験及び調査ガイドライン

【マニュアル】
  ・GSⅠ研究ポスターの作成_中間発表会

【ワークシート】
  ・はじめるポスター作成
 
概況
北見北斗高校は平成29年度にスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校を受けました。

 ○文部科学省の報道発表

北見北斗高校では次の3つを柱に、生徒たちに身につけてほしい認知能力・非認知能力育成のための教育活動を展開します。
 ①研究力の育成
 ②グローカル&イングリッシュ
 ③最先端科学技術へのアクセス

 ○北見北斗高校SSH概要図
 ○認知能力10・非認知能力10


スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは
 文部科学省が指定する、将来の国際的な科学技術関係人材を育成するための先進的な理数教育を実施する高等学校です。指定校は、学習指導要領によらないカリキュラムの開発・実践や課題研究の推進、観察・実験等を通じた体験的・問題解決的な学習等を行います。

 ○文部科学省
 ○JST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)