北海道北見北斗高校全日制

 
COUNTER160803

校長挨拶


 北海道北見北斗高等学校のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

 本校は、大正11年(1922年)に北海道庁立野付牛中学校として開校し、3年後の2022年には節目となる創立百周年を迎える伝統校です。昭和23年(1948年)の学制改革により北海道北見高等学校と改称、その後、昭和25年(1950年)に北海道北見北斗高等学校と改称され今に至っています。
 これまで国内外で活躍する多くの優れた人材を輩出しており、卒業生の数は間もなく2万5千人に届こうとしています。

 現在、全日制課程には普通科が計18学級、定時制課程には普通科が計4学級あり、合わせて約750名の生徒が学んでいます。生徒たちは、建学の精神「質実剛健」、「文武両道」を受け継ぎ、学業や部活動はもとより、文化、スポーツ、科学、地域貢献など様々な活動に打ち込み、それぞれの個性と能力を大きく伸ばしています。
 また、近年では医療系人材や理数・工学系人材の育成に対する地域の期待を背景に、国及び道から「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」、「医進類型指定校」に指定され、人材育成に資する教育課程の開発に取り組むとともに研究の成果を広く全道・全国に発信しています。

 北見北斗高校は、これまで築いた歴史と伝統を守りつつ今後はさらに一歩踏み出し、新たな100年の歴史づくりに挑戦するべく、教職員一丸となって教育活動の充実に努めてまいります。つきましては、本校の教育活動に対する保護者や地域、関係機関の皆様方のご理解、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


北海道北見北斗高等学校長    
佐々木   淳